ぶらり福岡一人旅

近年では「お一人様」向けのサービスが増えており、人々の、一人でなにかをすることへの抵抗感が少しずつ薄くなってきているようです。
旅行についても同じで、最近では一人旅をする人が増えてきているように思います。

かくいう私も、夏には福岡へ一人で観光しに行きました。
一人旅のメリットは、なんといっても自分の好きなように行動できることでしょう。
他の人に合わせる必要がありませんから、自由に予定を決めたり変更したりすることができます。
普段から人の顔色をうかがう癖がついてしまっている私にとっては、一人旅は良い気分転換になりました。
観光中は、あらかじめ細かい予定を決めることをせず、街を気の向くままにぶらりと歩いて回ることをメインにしました。
その方が、観光客向けのものではない地元の情緒を、肌で感じられるような気がしたからです。
実際、旅行中に観光できた範囲は狭いものでしたが、普段自分が暮らしている街とは違う空気を存分に楽しむことができました。
二度と会うことはないだろうからと、人見知りをする私が少し大胆になって、地元の人に話しかけることができたのも、旅行を充実させてくれた一つの要因です。
誰も自分を知らない、そんな場所での一人旅は少しばかり勇気が必要でした。
ですが自分の中で、なにかをリセットできたような気がします。

奄美大島への旅行体験

昔から海が好きで、いつか本当の「綺麗な海」というものを見てみたいと思っていました。
その思いを仲の良い先輩へ話してみたところ、奄美大島のことを教えてくださったので、夏の休暇中に2泊3日の旅行に出かけてきました。

日本の西端で「綺麗な海」と言われると、たいていの人は沖縄を思い浮かべると思うのですが、先輩が敢えて奄美大島を挙げたことに興味を持ったのです。
奄美大島には知り合いがおらず、ほとんど未知の島であったため、どのホテルが良いかなどは全く分かりませんでした。
そのため旅行会社のホテルパックを利用し、飛行機 格安航空券とホテルの予約をまとめて行うことにしました。
結果的にホテルは市街地からは離れてしまいましたが、海を目的としていた私にとっては満足のいくものでした。
また、自分でそれぞれ予約するよりも安く済んだので、この判断は正しかったと思います。
奄美大島へ着陸するまでに見た飛行機からの景色は、まさしく絶景でした。
生まれて初めて見たサンゴ礁に興奮し、妙な行動をとらなかったか、今思えばあやしいところです。
現地で実際に入った海は、エメラルドブルーと言われるとおり、緑がかった美しい青色をしていて、「これこそが『綺麗な海』だと思う」という先輩の言葉どおりのものでした。
郷土料理も美味しく、本当に南国を満喫しきった旅行でした。


更新情報

◆2016/04/08
ぶらり福岡一人旅の情報を更新しました。
◆2015/07/29
ご当地ラーメンめぐり旅行の情報を更新しました。
◆2015/07/29
ホテルパックでのんびり鵜飼いの情報を更新しました。
◆2015/07/29
沖縄で南国気分の情報を更新しました。
◆2015/07/29
嫁入り前に京都へ最後の家族旅行の情報を更新しました。